自信がない奴、自信をつける魔法の言葉教えちゃる!

やぁ!まーみーだよ!

今日は実績もなければお金もない

ただのリゾバアルバイターのくせに

引くぐらいの自信と

やる気に満ち溢れている

秘訣と魔法の言葉を教えるね!

自信ってどうやってつくの?

「まーみーは自信があって良いよね」
「自信があるから沢山挑戦できるんだよ」
「おれには無理だなぁ」なーんて

言ってくる人がよくおるんよこの国には!

自信の付け方はみーんな知ってるはず!

その方法を思い出してもらう為のヒントは

幼少期に眠ってる!!!

さぁ!幼少期へタイムスリップ!!!!

トウッ!!!

スタッ!!!

2004年、まーみー少年 7歳

まーみー

「ママ〜、お兄ちゃんみたいに自転車乗りたーい」

まみー

「よし!練習しよっか!」

まーみー

「できるかなぁ?」

まみー

「大丈夫!皆んな最初はできないから!」

まーみー

「うん、やってみる!」

「イテッ!えーん(涙)いたいよー」

まみー

「痛くなーい、痛くなーい!」

「ほらもう一度!」

まーみー

「うん、頑張る!涙」

ギコギコ!バタッ

まみー

「お!さっきより進んだじゃん!」

まーみー

「やったぁ!もう少しやってみる! 」

はい一旦ストップ

まみーとまーみーやめていいっすか?

再開

2時間後・・・

ま「ママ〜転ばなくなったー!!!」

母「すごいじゃん!えらいえらい!」

ま「次は補助輪外してみようかな。」

母「さすが我が息子!挑戦しなさい」

ま「うん!やってみる!」

ギコギコ、バタッ!

「くそー!もういっかい!」

皆さんはこうやって

自転車に乗れるように

なったんじゃないですか?

最初は不安です。

自信もありません

でも自信って

なにかを達成した時に得られるもの

だからまず挑戦しなくてはいけません

最初は補助輪のついた小さい挑戦でもいい

失敗して乗り越えられる物からコツコツと
それができるようになったら
補助輪片方づつ外していけばいい
そうやって失敗と成功を繰り返して
成長していく、小さな挑戦も積み重なれば
大きな成功になる!そうすれば自信がつく

だからあなたが始める事は挑戦する事!

そこに準備はいらない!

失敗したら落ち込まず改善するんだ!

できない事を挑戦してるんだ!

失敗して当たり前!

そうやって自信をつけてほしい!

以上!

まとめ

  • 自信はなにかを達成すると得られる
  • その為にはまずは挑戦する事!
  • 挑戦したら失敗してそれを改善する!

自信がつく!

改善の仕方については

またゆっくりお話ししたいとおもいまする

皆さんの人生が

良い人生になりますように

まーみー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする